株取引の世界では実に様々な情報が錯綜しています。投資会社、個人投資家、分析家など、どの情報を参考にするかで投資の成功・失敗へ繋がります。初心者は特に自分の決断に自信が持てませんから、情報を見極める力を養いましょう。

大きな失敗をしないためには分散投資を試みる

株の格言は色々とあるのですが、卵を一つの籠に盛るなというような面白い格言も海外にはあるようです。籠を落とせば中の卵は全て割れてしまい、これがお金であったとすると全財産を失う事になります。一つに纏めて運用すると何かがあった場合に全てを失ってしまうリスクがあるという意味でしょうか。株でいう分散投資をするべき理由はそういうところにあるのです。複数の銘柄に資金を入れておけば、最悪一つ倒産しても資金は残る事になります。倒産は極端な例ですが、万が一の事を考えて投資をするべきだという事でしょう。
損失を抱えている時などは冷静な判断が出来ずにどんどんその銘柄を買い増してしまい更に損失が膨らんでしまう経験は誰しもあると思います。一つの銘柄に資金を集中させてしまう事はリスクが大きく危険な行為であるのです。反対に上手くいけば一気に資産が増えるのですけどね…。それは余程の自信がなければ難しいと思います。また、分散をするにも同じ業種同士ではあまり意味がありません。業種で悪材料が出る事もあるからです。せっかく分散投資を行うのであれば異業種で様々な組み合わせで行うのがお勧めです。まずはリスクを分散させる事で大きな失敗をしないように心掛けましょう。